-免責補償制度について-

 

※必ずお読みください※

 

 

レンタカーは全て保険加入済みで基本料金の中に保険料は含まれていますが、もし事故を起こした場合は対物・車両補償の補償金額のうちお客様にご負担していただく金額があります。この金額のことを「免責額」といいます。

 

レンタカー会社の加入している保険会社で違いますが、通常免責額5万円~10万円を支払わなければいけないとお考えください。

 

免責補償制度とは、レンタカー乗車時に万が一事故が発生した場合に、お客様に負担していただく「免責額」を補償するものです。この免責補償制度に加入する際に発生する費用が「免責補償料」です。

 

通常は任意加入の制度となります。

万一の事故時のお客様のご負担を考え、免責補償制度へのご加入をお勧めしております。

※免責補償制度は保険ではありません。

 

◆免責補償制度の適用例

事故時に保険を利用する場合のお客様の自己負担分です。

(免責=自己負担分)

 

例:損害額7万円の事故の場合

お客様のご負担(免責)5万円+保険会社からの保険金2万円=7万円

免責補償制度に加入していれば、お客様ご負担の免責5万円の支払いが補償されます。

 

保証限度額を超えた場合及び保険で補償されない損害が

発生した場合は、すべてお客様のご負担となります。

 

■警察への届出及び当店への連絡がなかった場合

 (含無断示談)

■無謀運転(故意による自己など)

■無免許運転・酒酔運転・薬物使用中の運転によるもの

■レンタル契約の際、申し出のなかった運転者によるもの

■事故の相手方の責任によるもの

■貸渡時間の無断延長

■タイヤパンクなどの修理交換費

■ホイルキャップの紛失

■車内の汚損

 

※ご注意※

NOC(ノンオペレーションチャージ)は、免責補償制度にご加入の場合でもご負担いただきます。免責補償に加入されていても、車をぶつけてしまったりこすってしまった場合はNOCが発生します。小さなキズでも、つけてしまった時は必ず報告してください。